浴室リフォーム

こんなお悩みありませんか?
お風呂

浴室リフォームについて

在来浴室からユニットバスにリフォームする場合、既存タイル床・壁の解体および処分、給水・給湯、排水管の接続、電気配線、ユニットバス本体の組立といった各種工事が絡みます。 老朽化した在来浴室では、タイル床やモルタル壁の亀裂から水が浸入し、住まいの構造部である土台や柱を腐食させているケースも多く見受けられるため、築年数や浴室の傷み具合を考慮して、リフォーム計画時に構造部の補修・交換工事をあらかじめ見積りに入れておいてもらいましょう。

「もっと早くリフォームすればよかった!!」

お客様によくいただく言葉です。お客様のご要望を聞き、使用環境を考え、不足のない工事をおこないます!!
浴室のリフォームならアスペルにお任せください

お問合わせ
このページのトップへ
Copyright(c) 2014 アスペル. All Rights Reserved.